用語的には、謄本とは、
原本のすべてを写したもので、
抄本とは、原本の一部を写したものになります。

そして、登記簿謄本とは、登記簿の原本をそのまま写したものですが、
登記簿抄本は、登記簿の必要な部分のみを抜粋して、
写したものと言えます。

また、登記簿謄本と登記簿抄本の大きな違いとして、
謄本には、発行年月日と発行法務局名、
登記官の氏名と印が押されていることです。

それによって、登記簿謄本は、
第三者(他人)に対しても、
法務局が発行した書面としての証明力があると言えます。

逆に、登記簿抄本には、発行法務局名や、
登記官の氏名や印が押されていませんので、
第三者(他人)に対しての証明力が弱いということになります。

ただ、登記簿謄本や、登記簿抄本というのは、
登記簿がデータ化される前の話しなので、
現在では、その名称や様式が違っています。

どういうことかと言えば、
まず、登記簿謄本は、内容については今も昔も変わりありませんが、
現在では、登記事項証明書という名称に変わっているということです。

そして、登記簿謄本の時には、縦書きでしたが、
現在の登記事項証明書では、横書きで記載されています。

ただ、正式な名称は、登記事項証明書に変わっているのですが、
昔からのなごりで、登記事項証明書のことを、
現在でも登記簿謄本と呼んでいる人も多いです。

特に、昔から不動産の登記簿謄本に関わっている仕事をしている人は、
正式な名称が変わったからと言って、
同じ内容のものなので、なかなか呼び名を変えられないのかもしれません。

そのため、いずれにしましても、登記簿謄本と言えば、
現在の登記事項証明書のことを意味していますので、
そのことをまずは理解しておく必要があります。

もし、土地、建物、マンションの登記簿謄本(=登記事項証明書)の取得でお困りの方なら、
簡単な解決方法はこちら ⇒ 登記簿謄本(登記事項証明書)の取得に困っていませんか?
スポンサーリンク


また、登記簿抄本は、
現在、登記事項要約書という名称に変わっています。

そして、登記簿抄本の時には、縦書きでしたが、
現在の登記事項要約書は、横書きになっています。

その理由としては、昔は、コンピューターが普及していない時代でしたので、
手書きの縦書きが主流でしたが、
現在では、データ化が進み、横書きが主流となっているからです。

ただ、登記事項証明書のことを、
今でも登記簿謄本と呼んでいる人が多いのに比べて、
現在の登記事項要約書のことを、
登記簿抄本と呼んでいる人はほとんどいないと思われます。

個人的な感じでは、
登記事項要約書については、略して要約書と呼ぶ人が多く、
その方が、登記簿抄本と呼ぶよりもしっくりくるのかもしれません。

なぜなら、登記事項要約書には、
ある不動産の登記内容について、
現在の最新の必要最低限の情報が記載されているからです。

つまり、ある不動産の過去の登記内容については、
ほとんど記載がされておりませんので、
ある不動産の要約的な内容になっているのです。

そういった理由からも、あくまで個人的な感じでは、
登記事項要約書という名称の方が、
登記簿抄本と言うよりも、ぴったりなのかもしれません。

逆に、登記事項証明書については、
略して、事項証明書と呼んでいる人も多いのですが、
やはり、登記簿謄本と呼んでいる人も多くいるようです。

なぜなら、登記簿謄本の方が、第三者への証明力がありますので、
昔から利用機会も自然と多くなり、
登記簿抄本よりも、登記簿謄本という名称をよく使っていたというのも、
理由のひとつかもしれません。

スポンサーリンク