この記事の監修者

土地家屋調査士:寺岡 孝幸(てらおか たかゆき)
資格:土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)、行政書士。
取扱い分野:不動産の表示に関する登記全般。

経歴:開業以来19年間、不動産の表示に関する登記申請業務を行ってます。
土地家屋調査士のプロフィールはこちら

地目(ちもく)とは、土地の種類を示すもので、
法務局で登記される時に、
土地の現状から判断して、決められるものです。

ただ、地目を決める時には、
自由に決めることができるわけではなく、
不動産登記法で定められた23種類の地目から選択することになります。

逆に言えば、23種類の地目以外は、
認められていないということです。

では、その23種類の地目を挙げてみますと、
田、畑、宅地、山林、原野、墓地、公園、公衆用道路、水道用地、
鉄道用地、鉱泉地、池沼、塩田、牧場、境内地、運河用地、用悪水路、
学校用地、ため池、堤、井溝、保安林、雑種地、以上となります。

そして、法務局から取得する土地の登記簿謄本(登記事項証明書)には、
土地の地目欄がありますが、
上記の23種類の地目のどれかが記載されていることになるのです。

また、土地の地目を知る方法としましては、
登記簿謄本(現在では登記事項証明書)や、登記事項要約書、
インターネットから取得できる登記情報、のどれかを取得する方法があります。

そして、登記簿謄本でも、登記事項要約書でも、ネットからの登記情報でも、
土地の地目欄が必ずありますので、
その地目を確認することで、その土地の種類がわかるというわけです。

ただ、法務局で、地目が登記されてから現在まで、
時間がかなり経過している場合には、
その土地の現地の状態は、まったく違っていることもありえます。

どういうことかと言えば、その土地の地目を登記した時には、
その地目であったことはまず間違いないのですが、その後、
数年経過することで、現地の状態が変わっていることもありえるということです。

つまり、登記の地目というのは、
地目を登記した時には、その地目であったことは間違いないけれども、
現在も、その地目の状態のままかどうかはわからないということです。

もちろん、現在の現地の状態も、
登記の地目と同じであることが普通です。

ただ、稀に、登記の地目と、現地の地目が、
違っている土地もありうるのです。

そのため、登記簿謄本や登記事項要約書、ネットからの登記情報で、
登記上の地目を確認する時には、
過去にその地目だったことがある、という程度に思っておくと良いでしょう。

実際の土地の地目については、その時に現地を直接見てみないと、
正確にはわからないということです。

なお、地目については、1筆の土地について1つの地目ですので、
1筆の土地に、2つ以上の地目が登記されることはありません。

たとえば、1筆の土地の地目が、『宅地・畑』、のように、
2つ以上の地目が登記されていることはない、ということです。

そのため、土地の地目を決める時には、
土地を部分的に見るのではなく、
一筆の土地全体を見て、全体としての状況で判断することになります。

たとえ1筆の土地の一部分に、畑や山林と言える部分があったとしても、
建物が建っていて、建物の敷地の方が広いような場合には、
土地全体で判断して、その土地の地目は『宅地』となります。

ただ、固定資産税との兼ね合いもありますので、
宅地や雑種地以外の地目が、一筆の土地の中にほぼ均等にある場合には、
その土地を2筆に分筆して、地目を分けると良いでしょう。

スポンサーリンク