不動産(土地や家屋、マンション)をできるだけ高く売りたい、
というのは誰もが思うことです。

しかし、髙く売りたいと思うだけでは、
それを実現することは難しいため、
不動産を高く売るための情報と知識が必要となります。

まず、不動産を高く売るための情報としては、
売却予定の不動産の時価相場を把握しておくことが一番重要です。

相場からかけ離れた価格では、
いつまでたっても売れずに時間だけが過ぎて行き、
その間、固定資産税なども支払う必要もあります。

そのため、不動産を高く売るためには、
基準になる適切な価格(評価額)を把握しておくことが先決なのです。

ただ、不動産の価格(評価額)を出すには、
路線価による方法や、市の固定資産評価による方法がありますが、
いずれも時価相場よりも2割安~3割安というのが一般的です。

そして、時価相場に計算しなおすには、
割り戻し計算を行ったり、補正率なども計算する必要があるため、
少し難しい面があります。

そのような時に、不動産の価格(評価額)を手間なく出す方法として、

ノムコムの不動産無料査定

1,000万円損していませんか?家の査定はリビンマッチへ!

などのサイトで不動産の無料査定をしてもらうという方法があります。

価格計算をする手間がかからず、無料で利用できるため、
不動産の売却を考えている方であれば、
ノムコムの不動産無料査定
は利用しておいた方が良いと言えます。



次に、不動産をできるだけ高く売るための知識として、
知っておくべきことがまとめられた書籍をご紹介します。

まず1つ目は、不動産を高く売りたい方に最適
不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと 不動産売却・相続・空き家問題を解決する! 』という書籍です。

もし、売り切れの場合や値段を比較したい場合には、
不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと 不動産売却・相続・空き家問題を解決する! [ 露木 裕良 ] 』をご確認ください。

いずれもレビューを見るとわかりますが、
非常に高い評価になっています。

そのため、「不動産を少しでも高く売りたい」と考えている方には、
最適な書籍と言えます。

次に、不動産の売却が初めてという方にとって最適
はじめてでも高く売れる 不動産売却40のキホン 』という書籍です。

もし、売り切れの場合や値段を比較したい場合には、
同じ書籍となりますので、
はじめてでも高く売れる不動産売却40のキホン [ 宮崎泰彦 ] 』をご確認ください。

この書籍は、「はじめて不動産を売るけれど、何から始めたらよいのかわからない」
「大切な不動産をなるべく高く売りたい」
そういった悩みを解決するための書籍です。



このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。

不動産の評価(価値)を知る方法