土地の登記簿謄本を取得しようとする時には、
かならず、その土地の地番が正確にわかっている必要があります。

なぜなら、登記簿謄本の請求用紙に、
正確な土地の所在と地番を記入しなければ、
法務局が土地を特定して、謄本を発行することができないからです。

また、よく間違えるのが、
住居表示の住所と地番を混同してしまうことです。

住所の最後に、号が付いているのは、
地番ではなくて、住居表示というものなので、
地番とはまったく別物になります。

たとえば、A市B町1番2号や、C市D町10番25号など、
住所の最後に号が付いているのは、
住居表示というものになります。

住居表示は、郵便配達などをやりやすくするために、
土地の所在地番の上に、新たに定めているものになります。

イメージとしては、住居表示による住所が上(表面上)にあり、
その下に、底地の所在地番というものが存在しているので、
2層になっているイメージになります。

少しわかりずらいかもしれませんが、住居表示の土地には、
かならず、その土地の底地の所在と地番がありますので、
登記簿謄本などを取得する時には、その地番が必要になるということです。

では、その地番の調べ方についてですが、
まず、自己所有の土地の地番であれば、権利証を調べる方法と、
固定資産税納税通知書を調べる方法があります。

売買や、相続で取得した土地でしたら、
普通は、土地の権利証(現在は、登記識別情報という名称になっています)を、
その時に受け取っていますので、そこにその土地の地番が記載されています。

また、土地の所有者宛てに、毎年のように市役所から送られてくる、
固定資産納税通知書にも、土地の地番が記載されています。

このように、土地の権利証(現在の名称は、登記識別情報)か、
固定資産納税通知書のいずれかを調べれば、
土地の正確な所在と地番を知ることができるのです。

スポンサーリンク


ただ、他人(第三者)の土地の地番がわからないということもあり、
その場合には、土地の権利証(登記識別情報)や、
固定資産納税通知書を調べることもできない場合が多くなります。

そのような場合でも、
その土地の地図上の位置が正確にわかっていれば、
土地の地番をある程度正確に調べる方法があります。

ここで重要なのは、土地の地図上の位置がわかっていることで、
もし、どこにあるのかわからないような土地については、
地番も調べようがありません。

では、他人(第三者)の土地の地番の調べ方についてです。
方法としましては、1つは、
法務局に備えている住宅地図を見てみることです。

法務局には、通常、誰でも見ることができるように、
窓口付近に、住宅地図を備えています。

その住宅地図には、土地の地番も記載されていて、
たとえ住居表示の地域であっても、
底地の地番も一緒に記載されていることが多いです。

ですので、地図上の位置さえわかっていれば、
法務局に備えている住宅地図を調べれば、
その土地の地番をある程度正確に知ることができます。

もし、法務局に備えている住宅地図に、
土地の地番の記載が無い場合には、
法務局で、公図(切り図)という地図を取得します。

この公図(切り図)には、
その地域の土地の形状と地番が、
かなり正確に記載されているからです。

ただ、公図(切り図)を法務局に請求する時には、
その地域のどこかの地番を記載して請求することになりますので、
地図上で、土地の周辺でわかっている地番を記載すれば、
その地番を中心とした公図(切り図)を発行してもらえることになります。

その公図(切り図)と、住宅地図を見比べてみて、
道路の位置や、周囲の状況によって、
地番を調べていくことになります。

土地の地番を調べるのにお困りの方へ

ネットで不動産の登記情報などのラクラク取得代行

スポンサーリンク